評価・検証

スマトレFX(佐藤ひかる)は本当に稼げる?評判と評価は?

こんばんわ!nisshyです!

今回は佐藤ひかるさんのスマトレFXについてレビューしていきたいと思います。

スマトレFX(佐藤ひかる)とは?

このプロジェクトの名前にあるようにFXの案件ということになります。
私のテリトリーなのでうれしいですね笑

キャッチコピーを見ていきましょう
●年利168.64%
●最新鋭のAIと人間の監視がはいっている
●24カ月黒字更新中

年利168.64ということで、自動売買としてはまぁ実現可能であるレベルですし、
誇大表現だとも思わないですね。私もこれくらいいきますので。
それほどむちゃくちゃなことは言っていないので親近感は沸きますね!

最新鋭のAIと人間の監視が搭載されているということで、
FXの自動売買でその裏では人口知能と人間の監視ということで、
AIに対してはいつも言ってますが、本当に搭載されているのかされていないのかは
誰にも分からないですし、私は自動売買できるシステムをAIと言っている可能性は高いのではないかと思ってます。
人口知能が搭載されているのであれば、このようなそ相場に対して、AIがどのように成長しているのか
の過程を実績で説明してほしいところですが、そんな説明だれもできないでしょうね。

この人間の監視という分が気になりますね。
これが裁量ということになってくると、
結局はそれ次第ということになってしまうのは懸念なので、
注意して見ていく必要がありそうですね。

24カ月黒字更新中というのは、トータルでみて赤字になっていないという意味だとは
思います。つまに、マイナスで終わる月があってもトータル黒字だったら更新してますということになりますね。

スマトレFX(佐藤ひかる)は本当に稼ぐことができるのか?

稼ぐことはできる可能性はありますが、あまり信用できそうなイメージが湧かないですね。人口知能はさすがに搭載されていないと思うのと、
やはり人間の監視というキーワードが気になるところです。
この人間の監視という部分は、今回重要なポイントになってくる気がします。
またキャッチコピーの表現に納得できな部分もありまして、あまり信用はできないかなとは思いました。

スマトレFX(佐藤ひかる)の評価・評判は?

評価としては、いつもの億連発の誇大表現しかしない方よりかは印象は悪くないので、
その点は評価できるかなと思っていますが、AIと言う言葉は最近誇大表現だと感じるようになってまして、AIと記載しておけば、無条件ですごいシステムなんだとなと思わせてしまう部分があると思います。

評判をみていても、別の佐藤さんが検索でヒットするので、このプロジェクトの佐藤さんはそれほど有名ではなさそうですね!

スマトレFX(佐藤ひかる)のまとめ

今回は自動売買であるとは思いますし、私の好きな分野でした。
それよりもオススメできる案件があるので興味がある方は下記確認しらえるとよいのかなと思います。

オススメのFX自動売買ツール

このようなオファーにそそられる方は、やはり楽して儲けたいと思うがゆえだとは思いますが、正直よくわかります笑
私も、サラリーマンしながらの資産運用なのでなかなか時間などとれないため、労力がかかるような資産運用はできませんし、
できれば楽して儲けたいと思ってますし、実際楽して儲けている部分もあります。

そこでオススメしたいのはFX自動売買システムです!
自動売買システムは、時間も労力もかからないし、結果もすぐに出すことが可能です!
FXの自動売買自体は私は大好で、現在も複数の自動売買ソフトを稼働させており、稼いでおります!!
FXって取っつきにくい方もいるかもしれませんが、自動売買なら初心者でも口座開設とセットアップと入金して自動売買オンにすれば、
あとは勝手に売買してくれるので、自動売買こそ初心者向けだと思います!
なので、自動で儲けつつ、投資の勉強するでもよいかと思います。私自身そのようにしてますし!
投資で資産運用することを真剣に考えてる方にとっての入り口としてはちょうどよいツールだと思います!
⇒【人数限定】月利30%の運用実績!FX自動売買ツール無料モニター募集!

興味がある方は私のLINEに連絡いただければと思います。

LINE@の友達追加は下のリンクをクリック!

↓      ↓      ↓

http://nav.cx/bcVntJT

ABOUT ME
nisshy
はじめまして、nisshyです!! このブログ訪れて頂きましてありがとうございます! このブログでは怪しい儲け話や商材などを、私なりの経験と見解から、 本当に儲かるの?という視点で評価していきます! 1984年生まれの34歳!資産運用の重要性を痛感し、 現在FX、先物取引、株式等で取引しております! その経験がこのブログを訪れた方の何かの役に立てることができれば幸いです^0^/